君が書く詞のようになりたい。

作者イルミ



言わずと知れた表面張力というものがある。


それのおかげで、コップギリギリに、水を注いでも少し盛り上がるだけで溢れない。


けれどもし、さらに水を注いだならば、そういうわけにはいかないだろう。


静かに決壊して溢れ出す。


君と私の不毛な馴れ合いもそう言うギリギリだっただけなのだ。