野良ちゃんに首ったけ。

作者花緒 汐

数日前に飼っていた猫を病気で失った不良の男と、人間なのに変な名前で呼ばれている女の一目惚れから始まる物語。










涙脆くて情に厚い不良。


「ミャアが…死んだ、だと。」



×



ヘンテコな名前で呼ばれている女。



「野良ちゃんって呼ばないで。」





二人の出会いは、必然…かもしれない。













⚠︎主人公男子、涙脆い上に猪突猛進につき。







□この小説の内容は全てフィクションです。登場する人物名や団体名は、実在するものと全く関係ございません。