ドロ沼女が少しのヒカリをさした

作者秞凪


ずっとこのままだと思っていた。


毎日の繰り返し。

お金、お金、お金。


お金しか考えられない日々。




それを変えたのは

少しのヒカリだった。