月はいつも見ている〜亀〜

作者眉咲蓮

20歳定職ももたずブラブラとバンドをしてもダメ。何もかもが中途半端な若者があるスナック(ラウンジ)ののめり込み、ひとりの年上の女性との出会いが後の人生に大きく影響することになる。