ファースト・キス/表紙をご覧下さい

作者スィーベッド

目を覚ますと取引先の社長が隣で寝ていました。すみません、私…会社辞めていいですか?

人は案外、自分のことをよく知らない。



それなのに相手のことは深く知りたいなんておかしな話でしょう?





ファースト・キス



そんなものはとっくの昔に置いてきた。





この作品を読む前に以下をお読みください↓




本作品は1度非公開にしてしまったので、しおり機能をつけてくださっていた方は最初からになっているかと思います。そのため1部内容変更及び追加をしましたので、楽しんでいただければ嬉しい限りです。興味無い方は69ページまで飛ばしてしおりを付け直して頂けると幸いです













更新頻度は格段と低めでございます。気長に待っていただける方のみご覧ください。