自分の足元が怪しくなった時、

自分を信じることができなくなった時、

私は、××に縋ってしまった。

3人の女の子と、××の話。