アオナ's 二十二歳のウサギ時間

作者とおら

「アオナ、今日は仕事でイヤな事あったでしょ。顔もぐちゃぐちゃだけど、心も乱れてる。今までにないぐらい。」

今日の肩乗りウサギは、饒舌だ。そして一言多い。玄関のドアを開けて部屋に入るなり、喋りだした。


「慰めてもいい? 」

「ウン、お願い。」


と返事をしたら、もふもふの肩乗りウサギが、突…

「2022年2月2日。原青海はらあおなは二十二歳になりました!」


ただいま都会でOL中。一人暮らしも順調、と言いたかったけど、でもね、今日はちょっと疲れちゃった。もう、お局様や小局様に毎日𠮟咤激励されすぎ。


泣きじゃくって帰宅したら、幼少期から飼っている肩乗りウサギのウサピンからプロポーズされました。


「二十二歳の誕生日に、アオナに彼氏がいなかったら、ボク、パートナーになるって約束したよ。」

「こうやって抱きしめられるなんて、夢のよう。二十二歳まで待つの長かったよ。」

「アオナはウサギのボクのこといっぱい可愛がってくれたからね、今度はボクが、ウサギ流にアオナのこといっぱい可愛がってあげる。」


ちょっと待ってくださいな。アオナにはまだまだ結婚の予定はありません。


アオナ's 二十二歳のウサギ時間