酸いも甘いも、紙一重。

作者ヒノモリ

自分の顔大好き女×自分の顔大っ嫌い男
ふたりは今日も、綺麗な顔で罵り合う。




世の中、顔が良いほうが得をする?



「どうせ顔だろ?すごい迷惑」

「顔が好き?どうもありがとう!」



顔面偏差値上位者にも、

悩みはあったりなかったり。



「この顔のせいで、実力をみてもらえない」

「過大評価って気持ちいいよね」



両極端の意見をもつふたりの生きかた



「この顔で良かったことなんてひとつもねぇ」

「顔がいいって本当ラッキー」



ちょっとのぞいてみましょうか。



「おまえは猫をかぶりすぎだ」

「君は頭の悪い生きかたしてるよね」