キスを落としたあとで。

作者水沢ゆな



生まれて初めて

“一目惚れ”をしました。



* ────────────── *



クールで少し冷たいきみは、

いつも誰に対しても塩対応。



笑った顔なんて一度も見たことがない。


心の内側に踏み込めない。



「俺、誰とも付き合うつもりないから」



どうすれば私、近づける?

どうすれば特別な女の子になれる?



近づきたいのに、近づけない。


触れたいのに、触れられない。


そんな距離がもどかしい。



けれど、



「おまえのこと好きだからだろ」



私を強く抱きしめる、優しい腕。



……ズルい。


そんなことされたら私、ますます好きになっちゃうじゃん。



「私のこと好き……?」


「好きだよ、桃香」



クールで少し冷たいきみは、

時々、甘くなるみたいです。