桜の記憶~『記憶』は櫻とともに散っていく~

作者睦月桜玖空

『肌が人に触れると、相手の中にある自分の存在が消えてしまう』特殊体質を持つ少女――桜。
 桜は幼い頃、不注意で母に触れてしまい、忘れ去れれた過去を持つ。
 それ以来、心を開いている人以外との関わりを拒み、体質を悪用する日々が続く。
 そのような日々を送っていくうちに、いつしか学校へも行かなくなり、…