「10円返しに来ました」
たかが10円をわざわざ返しに来る律儀な年下の彼は、親友の彼氏。
こっちを見るな、近付くな、触るな、これ以上踏み込まれると好きになる。





「そばにいて。お願いだから」





彼と一緒にいると、


息をするという当たり前のことさえ苦しい。



画像タイトルを入力…





「先輩また会ってくれますか?」




頭ではちゃんと分かっていた。

彼は、親友の彼氏だということを。