あやかし書道家の夜のお仕事

作者糸四季

高校生の福永伊知郎は昔から、普通の人にはわからない“匂い”を嗅とることができた。

図書室の隅に眠る古びた本からする、煤けた匂い。
神社の大木の根本に半分埋まった岩からする、酒の匂い。
駄菓子屋の奥に座るフランス人形からする、海の香り。

そして、祖父の家に飾られた掛け軸からも……。


不吉な書…

福永伊知郎は昔から、普通の人にはわからない“匂い”を嗅とることができた。


図書室の隅に眠る古びた本からする、煤けた匂い。

神社の大木の根本に半分埋まった岩からする、酒の匂い。

駄菓子屋の奥に座るフランス人形からする、海の香り。


そして、祖父の家に飾られた掛け軸からも……。



不吉な書の掛け軸のせいで、伊知郎の家に次々と不幸が起き始める。

このままでは家族の命も危うい。

そう思い始めた矢先、匂いを放つ書の作者と出会う。

美貌の書道家・紫倉悠山という若先生は、伊知郎の嗅ぎとる匂いの正体を教えてくれた。

それはは幽世にいるあやかしの匂いだと言うが——?



夜は現世と幽世の境が曖昧になる時間。

美貌の書道家は今宵、人とあやかしを引き合わせるため幽世の門を開く——!


人とあやかしの不思議な縁が紡ぐ、切なく優しい物語。



(※主人公の名前や能力や場所など、何度か設定を変更しているのでおかしな部分があるかもしれません。

見つけ次第修正しています)