私立高校に通う天宮壱也(あまみやいちや)は、女子とおしゃれが好きな、どこにでもいるような普通の男子高生。
入学式の日。壱也は、一人中庭でバイオリンを弾く海(かい)に偶然出会った。クラシックとは無縁の人生を送っていた壱也だったが、海の音楽に心を動かされ、自らもヴィオラ奏者として室内楽団を立ち上げる。…