「笑っていて、どうか。」

そう零した睫毛の先で光った雫が、どうか悲しい涙でありませんように。

  • コメント
  • スタンプ117
  • しおり60









すきだった。だから、



「───…幸せになって、」




朽ちて、華は凜と散る


シトラスを添えて













※ The persons and events in this novel are fictitious. Any similarity to actual persons, events or existing work is unintentional.

この作品における人物、出来事はフィクションです。実在の人物、出来事、または既存の作品といかに類似していたとしても、それは意図しないものです。

(あと、誹謗中傷は勘弁してください。大号泣かまします。)