涙は止まらない

作者絢菜

「晴香、僕、将来晴香と結婚する。」


小さな頃から一緒にいた君から言われた

あの言葉。私は何より嬉しかった。


「晴香、俺、渚と結婚する。」


だけどあの無邪気な約束を忘れた君は

永遠に手の届かない人になった。