君が零した、僕が咲った

作者春名七虹

欲しいものなんて他になにもなかった。ただ、ふたりでいたかった。私たちにとって、唯一の、ささやかな願いは、どうしたって叶わない。



ふたりじゃなきゃ生きていけない私たちが


別々の個体として生まれてしまった瞬間から


ただ堕ちていくだけの未来しかなかった





過去作リメイク版