石像は凍える乙女を離さない

作者マチバリ

孤独な少女がすがったのは英雄の石像。

大人なった彼女は身売りのような結婚が決まる。
最後の思い出だと、石像にくちづける。
すると石像は生きた人間に戻り、彼女に愛を告白した――

  • コメント
  • スタンプ6
  • しおり15


家族に虐げられて暮らすルルティアナは

英雄バルト・トレシーの姿を模した石像に話しかける時間だけが心の救い



だがその幸せも、強制的な結婚話によって壊されようとしていた


「はしたない私をお許しください」


せめてもの思い出に石像にくちづけるルルティアナ

初めての相手は、自分を支えた英雄であってほしかったと言う淡い願い


だが、そのくちづけは

訳あって石像となっていた彼を目覚めさせしまう―――