三年前に別れた元カノからの電話。無視しようと思ったが、おもわず取ってしまった。

「今夜泊まるところがないの。泊めて欲しいの」

電話の向こうには元カノの悲痛な声が流れていたが、懐かしさでいっぱいの博史は、その後大事件に巻き込まれるとも知らずに快く承諾してしまう。

 久しぶりに再会した、元カノ…