軽はずみで切ない嘘の果て。

作者橘かすみ

長い長い片思いのせいで、交際経験ゼロの29歳、柏原柚季。
地味で内気な性格から、もう新しい恋愛も結婚も諦めつつあった。

そんなとき、初めて知った片思いの彼、和樹の苦悩。

衝動のままに“結婚“を提案した。

それは、本当の恋の苦しみを知る始まりだった。



衝動からの提案。



人生の一大事なのに、あまりに軽はずみな提案に、自分でもびっくりしたけど。



どれだけ苦しくなっても、後悔なんてしない――。



本当の恋の苦しみを知らない私は、そう思っていた。




「柚季、ありがとう。君のおかげで救われてる」

「私もです」



今日も、愛する人の元へと向かう、あなたの背中を見つめる。