眠れない夜に私の元に降り注いだのは、不器用な温もりだった。




画像タイトルを入力…




「空っぽな心、満たしてくれるの?」


「お前次第」