ただ当たり前に、当たり前のことを伝えられる日々が羨ましい。昭和十年。八月。入道雲が夕陽に照らされる中、その人は強がるように顔を笑みを作って、私の手をただひたすらに握っていた。






ただ当たり前に当たり前のことを伝えられる日々


そんなものはこの世界に存在しないものだと


ずっとずっと思っていた







あの夏の日へ