背伸びしても届かない【完】

作者橘かすみ

この恋、無謀? それとも、必然?
クールエリート桐谷耕一。妄想オタク女子小暮華。
凸凹な二人が甘い関係になる日は訪れるのか。




外面と中身がまるで違う内弁慶女、小暮華こぐれはな28歳


VS


飄々として何を考えているかまるで分からない、クール眼鏡隠れイケメン桐谷耕一きりたにこういち30歳



生まれてからこれまで、ぬるま湯安全地帯、妄想の世界で恋をしていた華。

一念発起して、現実の恋に一歩踏み出したその相手は、華の勤める監査法人で一番ミステリアスな男、桐谷耕一。


恋愛初心者には難易度が高過ぎるとも思える男に敢えて挑むは、暴走特急の初心者ゆえ。

人付き合いが苦手で臆病だった女が、一度吹っ切ったら怖いものナシ?!




「まずは、恋人から、どうでしょうか!」


「それ普通、『友達から』って言わない? それに、“まずは”ってその後には何が待ってるの」


「結婚、じゃないんですか?」


「……」


「よろしくお願いします!」


「――ところで君、誰?」





はなに、生まれて初めての(生身の)恋人は出来るのか?!