「ごめんな」と蚊の鳴くような声で呟いた。


画像タイトルを入力…







「ワケありの男」オリジナル短編小説

《ワケあって優しい従兄》