それでも不幸ではなくて。

作者壱季

瀬名くんは、今日も不機嫌だ。














「晴海は、幸せになって欲しいから。」








その優しいようで苦い言葉に




なんでなのか、惹かれてしまうので。