私は……どうして…… ~夢と幻と消えた貴方に~

作者月夜の黒猫

目が覚めたとき私の目の前には車椅子の少女が覗き込んでいた
「サバイバーじゃないのね?残念だわでもあなた、面白そうね
私の作品にならない?」
辺りを見渡すと古い洋館らしい私はどうしてここに居るのだろう
車椅子の彼女より後方から大きなトカゲが歩いてる
私はどうしてこんなところに……?
私は……誰……?…

これは妄想です

ハンターサイドとサバイバーサイドが繋がって無い世界線で私がハンターに居たならばこういうのが良いと思ったことです

初めてなので見辛いでしょうそれはすみません

これは二重人格の私を表現しています……