「私」こと探偵オルフェウスは、とある依頼を受けてエウリュディケ荘園にやってきていた。嵐がひどい中、気まぐれにそこに並べられた日記を読んで、「私」はある一つの幻影のような男の姿を見る。
 男ーーイライ・クラークは「私」に自分たちの『終』を紡ぐよう頼んでくる。それが「私」の役目であると、強く言う彼に…