スランプに陥っていた文筆家、メアリ・クリスティの元に、ある日、一通の招待状が届く。
その招待状の内容を見て、彼女はエウリュディケ荘園へ取材に行くことを決める。
命がけの鬼ごっこ、終わらない遊戯、繰り返される生と死。
自身の書く夢物語をより深く覗くために、彼女は、ゲームへと参加する。

――そんな夢…