君と、その先の話

作者







この物語は




語るに値するものじゃない。



 



何億人の中に埋もれてしまう、



そんな、些細な、君との物語。






   


――――――君と、その先の話。――――――







「カフェラテが無くなるまで、話をしよう」