決められたレールを歩くような日々に、現れたのは私と正反対を貫く綺麗な男だった。





画像タイトルを入力…