一つの手紙は語った、君に次の春はやって来ないと

IdentityV短編小説コンテスト応募作品です

この話は主に背景推理、又は各キャラの記念イベントでプレイヤーへ送られる手紙を参考にして書いております
その為解釈が異なる場合も多々ありますが、その点は御了承下さい