あなが私に優しくしてくれる限り私はそれを一心に受けようと思う


隣で見ていた当たり前の景色は、いつの間にか何も色付かない世界に変わった