金髪でチャラくてモテている«君»と自分の世界で生きたい«わたし»
きっと、隣の席にならなければ、関わることはなかった。
わたしに構う君と君を嫌うわたし。
そんなわたし達を繋ぐのは、手紙だった。




チャラくて、モテていて、女遊びが激しい人。





わたしは隣の席の彼が嫌いだ。