「…なんで泣いてんの。これはオヒメサマが望んだんだろ。」





だって、誰も教えてくれなかった。



私、刺激も何もない退屈な日々こそが



“幸せ”だったなんて。