第五人格の世界に迷い込んできた「私」

作者aZu






「危ないっ!!」






遠くから誰かの声が聞こえた気がした。








ヤット、ヤットダネ。







暗くなる視界の端で誰かが笑った。