ミモザの春を溶かして

作者茉白いと

頬に落とされた睫毛の影も、聡明な瞳も、整った唇も、そのすべてを眺めていると時間が無限に溶けていった。