ひとりも逃げられない

作者N

古びた事務所を管理するだけの日々を過ごす私は、普段と変わらず用事を済ませた。酷い土砂降りだったので傘を携えて出掛ければ、事務所に帰る途中で女性が屋根付きのバス停にて雨宿りをしていた。特に気掛かりな点もないのに、どうしてか、私は彼女に惹かれていたらしい…。

IdentityV 第五人格短編小説コン…

私達が彼等を認知している時

彼等もまた、私達を認知しているのだ。