『Identity V 第五人格』の世界に迷い込んできた「私」

作者みはちとヒグマ

それは、たまたま耳にした噂話から始まった。

軽い好奇心で足を踏み入れた『荘園』で、私が見たのは到底信じられないものだった。

『Identity V 第五人格』のコンテスト応募作品です。
解釈違い・設定間違いなどありましたら申し訳ありません。誤字脱字ご容赦を。
どうぞよしなに。