内容を少し変え、新たに書きだしたものです

正明は渉と健人といつも喫茶店でよく話をする仲だった。
今年は誰が一番早く童貞を卒業できるか争っていた。
そんなある日に、町はずれの別荘きれいな女性がいることを聞き遊びに行った。
そこには友里恵という女性が住んでいた。
友里恵はコロナが流行りだしたことから…