「エウリュディケ荘園にてお待ちしております」

作者キヌア

偶然拾った手紙に導かれ、数日の共同生活の後にいよいよ命を懸けた「ゲーム」が始まる。

「―――エウリュディケ荘園にてお待ちしております」



『エウリュディケ荘園』

 ここに集まるのは一癖も二癖もある者ばかり。ある者は賞金のため。ある者は願いを叶えるため。ある者は消したい過去のため。ある者は新しい自分のため。ある者は居場所を求めて。皆一様に内に秘める思いを抱え集まっているのだから。



 偶然拾った手紙に導かれ、数日の共同生活の後にいよいよ命を懸けた「ゲーム」が始まる。



 待合室へ向かう途中、部屋から漏れ出る軽やかな音楽がこれから始まる出来事への不安をあおる。

――なんて悪趣味な……いや、今に始まったことではないか……。