とある手紙を受け取り、朽ちた荘園へとやって来た名も無き探偵、ナナシ。
少女は一つの部屋で自分の持ち物ではない変わった本を見付ける。
少女はそれが、自分の追い求める謎の手掛かりであることに、まだ気付いていなかった。