終わらない夢を見ている

作者島本蛍

これはまだ夢の中だ。高鳴る心臓、生温い血の感触、焼けるように傷む傷も、まだ夢の中の出来事だ。この役を降りない限り、このゲームは終わらない。