孝雄は列車の中で、文乃に出会った。
秘境温泉に興味を持ち、この列車に乗り、秘境をめぐることになった。
旅館に付き、そこで幼馴染の薫と出会い、尽きない話をした。
翌日薫から、車を借りて、一本松たっこの湯に向かった。その日は、満月で、その満月に中に浮かぶ、文乃のヌードは、
まさに、月下美人のようだった…