関係が良好だった亜沙とみか。
なんのトラブルも憎悪もう抱かれなかったはずのみかはなんども亜沙に腹部を貫かれるビジョンを浮かべてしまう。