朱玉国に住まう夏 美朱は両親と妹と共に下町で小さな食堂を営み、生活していた。質素だが幸せな日々をかみしめていた美朱だったが、ある日買い出しから戻ると両親と妹が何者かに殺されていた。
下町の住民たちは「皇帝陛下に無礼を働いたから」だというが、美朱は到底信じられない。
だが、皇帝の遣いに殺されたことだ…