初恋が二回死んだら

作者中山史花

いちばん好きな人のことを、忘れてしまうという病がある。
高校三年の五月、空き教室で出会った依理は、窓の外を見下ろして絵を描いていた。さびしそうな目は、グラウンドにいる嗣海の姿をさがしていた。
「少し、こわい」彼女は十八歳になるころ、いちばん好きな人のことを忘れてしまう。「じゃあ、おれのこと好きにな…







なくしたくない記憶があるのなら



それを守ることができればいいと思った