勘当され実家から出た姉の悲報を耳にしたのは、それから翌々年の事だった。
そして私は、秘密裏に姉の身代わりとして、とある男の元へと迎えられた。


画像タイトルを入力…