主人公、芳樹はある日妻を亡くした。それがきっかけとなって・・・。