何でも知ってるのに

何も知らない


それでも堪らなく好きなんだ