下町の長屋に住む町娘のさよが目を覚ますと見知らぬ男が家の中にいた。
男はさよを知っているようだが、さよには心当たりがない。
一緒に住んでいたはずの父も弟も部屋にはいない。
いったいこの男は誰……?
男は少しずつことの顛末を話しはじめる。

一夜を想ふ