ある日帰ると、『すまん、梨香…』という置き手紙があった。
父はいつまで待っても帰って来ず、代わりに来たのはヤクザだった。
父の借金のかたに私を風俗へ売り飛ばすという。
逃げれば殺すと言われ…
私は自ら死ぬことを選んだ。

高層ビルの屋上に上り、鉄格子に手をかけたその時、私は腕を引っ張られた。

そ…

甘く…苦く…


私は段々と彼の手に堕ちていく…


真夏の契約結婚の熱は私の身体と心を蝕む…







※性的な描写は、ほとんどありません。

期待される方には、申し訳ありません。。。


※スタンプたくさんありがとうございます。

スタンプに支えられて書いている面が実はあります…(^^;;

だから、スタンプ下さい、とか図々しいことは言いませんが、もし、何か良いなと思うページがあれば、スタンプ下さると嬉しいです❤︎